中後閑の家
「ちからづよく、やさしい建築をつくりたい」と考えています。